メイション BLOG

「TED×MATION 2nd」イベントレポート

お知らせ

2018年2月20日(火)中野サンプラザにおきまして、「TED×MATION 2nd」を開催いたしました。

「TED×MATION」とは社内で選出された7名のリーダーが、1チーム4名のグループを社員で結成し、およそ1ヶ月半の間に会社の経営課題に対する新規事業案、制度案、組織案などの提案を2案作り上げます。

 

そして発表の当日は代表へ向け各チーム提案します。代表はその提案に対して「実現性」「課題解決度」「事業インパクト」の3つの観点から採点を行い、最終的な合計点でランキングを決定します。

提案ごとに0~10点で採点を行い、5点以上獲得した提案は「役員会決議」と同様に扱われ、会社としての決定事項となります。つまり社員が役員会で自身の考えた提案を行うことと同義になります。

開会挨拶は代表の近藤より。「時代の変化スピードがより一層加速する中、会社としても変化し続けることが大切である」との言葉で始まりました。

プレゼンでは、各チーム自信のある案を次々に発表していきました。

10点満点中5点以上は「役員会決議」と同義ということもあり、採点を行う近藤代表からは一切の甘えを許さない、シビアな視点での質疑が行われました。

午前中に2案を提案した各チームは良かった点・詰めが甘い点・ブレイクスルーするためのヒントなどのフィードバックを受け、提案を改善する3時間のブラッシュアップタイムへ。

各チーム真剣な表情で熱い議論が重ねられていました。

 

そして、最終提案が午後に行われ5点に至らない提案もある中、満点に近い「9点」を獲得した提案も。

9~10点は「未来のメイションを担う提案である」といった採点基準であり、実際に決定事項として新たに事業として推進していくことになります。

今回で2度目の開催となった「TED×MATION 2nd」。「昨年とはレベルの違う争いになった」と近藤代表の言葉もあったように、惜しくも優勝を逃した各チームも素晴らしい提案ばかりでした。

これから今回の「TED×MATION 2nd」から生まれた事業や制度がリリースされていきます。

スタートラインに立った提案を全社員で推進し、ミッションの達成に向けて「全員経営」で実現に向けて取り組んでいきます。