社員インタビュー

Profile

ブランド推進部 部長

藤井 文香

岩崎学園横浜fカレッジ ブライダル科卒業
ウェディングプランナーを務めた後、大手ドレス会社に転職、法人営業・新店立ち上げに従事。
2014年にLMNホールディングスへ入社後は、婚姻届製作所・出生届製作所の立ち上げ~広報、商品企画などを幅広く担当。
2017年よりメイションに転籍、現在はブランド推進部の部長を務める。

大手ドレスショップからメイションへ。
メイションの魅力はここにある。

これまでのキャリアを教えてください


ウェディングの専門学校を卒業後、都内のプロデュース会社で2年半ほどウェディングプランナーをしていました。その後、全国展開をしている大手ドレスショップで6年間、法人営業や店舗管理、新店舗の立ち上げを行った後に、メイションの親会社であるLMNホールディングスへ入社しました。
入社してからはどんなことをしていましたか?
新規事業として「婚姻届製作所」のサービスを立ち上げ、商品企画から広報業務をメインに担当しました。2017年4月からはメイションにてブランド推進部の部長を務めています。
プランナーから始まって今は部長、すごいですね!
ありがとうございます(笑)ブライダル業界にはずっといるけど担当する仕事はどんどん変わっていっていますね。
メイションへ入社した理由は何ですか?
前職で6年間勤務している中で、新しいことにチャレンジしたいと考えていた折、LMNホールディングスの新規事業を立ち上げの話を聞きました。新しいことを社長自らがチャレンジしていく姿勢に、面白そうだなと感じ転職を決めました。
確かに新しいことへチャレンジしようという雰囲気はありますね。
また、スマ婚のサービスリリース当初の広告は業界のセオリーから外れるような尖ったもので強く印象に残っていました。そんなサービスを成長させ、業界に新しい風を吹き込んだメイションなら常識や当たり前にとらわれず、何かを生み出すことが出来るのではないかと思ったことも、入社を決めた理由です。

失敗することに億劫にならず、「まずはやってみる」。
新たなことに挑戦させてくれる社風がメイションにはある。

入社してから身に着いたスキルはありますか?
アイディアを形にする力とその実行スピードです。失敗すると次のことを行うのに億劫になることもありますが、何事もスピーディに「まずやってみる」。それを繰り返すことが大事だと学びました。
まずやってみる…簡単そうですが意外と難しいことですよね。
はい。ですが、失敗したらまた新しい取り組みをすればいい、そう切り替えて皆で取り組んできたのでそれが風土になり、自分のスキルとして身についたと思います。また、実務を通して広報に関する知識を身につけることもできました。
広報の知識ですか?
はい、メイションは新たな職務に挑戦することや、専門的なスキルを身につけることもできるので、私のようにブライダル業界に居ながらも新規事業を担当したり、ゼロから広報として専門知識を学び、担当することが出来る点は他にはない魅力だと思います。
いちばん大変だったことは何ですか?
新規事業として関わっていた「婚姻届製作所」のサービスがどうやったらお客様に認知されるか、たくさんの方に利用してもらえるか、考えを実行しても失敗することが数え切れないくらいありました。ですが、自分で考えた企画がメディアに掲載され、お客様から感謝の言葉をいただいたりSNSの投稿を目にしたときは本当に嬉しく、それを原動力に皆で取り組んできました。
大変だけどやりがいのある部分ですね。
サービスをリリースした4ヶ月後にはLINEニュースに掲載されて、サーバーが落ちてしまうほどアクセスが集中したことは、強く印象に残っています。サービススタート時は3人しかいなかったので全員が担当の枠にとらわれず多岐に渡る業務を行っていました。

結婚・子育てをしていても女性がより働きやすい会社にしたい。

今後の目標はありますか?
新たに設立した「ブランド推進部」のミッションである各サービスのブランド価値の向上、認知拡大を達成すること、あとは自分でゼロからサービスを作りたいと思っています。もうすでに取り組んでいるプロジェクトがあるので、それを形にしてスケールさせることが今の目標です。
やはり新しいことにチャレンジしているのですね。
そうなりますね。あとは、女性の管理職がまだまだ少ないので、結婚や子育てをしながらでも安心して勤務ができる環境を整えていくこと、多様な働き方でも成果を出せる会社にしていきたいです。
貴重なお話、ありがとうございました。
Welcome to Mation!! 採用情報 / エントリーフォーム