社員インタビュー

Profile

法人イベントグループ マネージャー

久野 清文

法政大学 スポーツ健康学部卒業/2013年新卒入社
入社後、新規接客担当としてスマ婚事業部に配属される。約1年半で全国トップ成績を残しマネージャーに昇格し、横浜支社、関西エリア、新宿支社のマネージャーを経験。
一度メイションを離れ、人材コンサル会社に転職するが、新規事業に参画するためメイションに再入社し、現在は法人イベントグループ マネージャーとして従事。

新卒入社から営業成績1位を取り続け最短でマネージャーへ。
一度離れてこそわかった、「メイションの魅力はここにある」

現在取り組んでいる業務について教えてください
今は新規事業の『イベモン』という法人向けのイベントプロデュースのサービスを担当しています。
これまではどのようなキャリアを経験されていたんですか?
2013年に新卒でメイションに入社してブライダルカウンセリンググループに配属されました。

結婚式をしようかまだ決まっていないお客様がショールームにいらっしゃって、その方に『スマ婚』の魅力を感じてもらって申し込みを頂くまでの担当をしていました。
魅力を感じてもらうって簡単そうで難しいですよね。
当時は就業前や就業後の深夜までロープレをしていて、上司もそれに付き合ってくれたんですよね。
上司の方が深夜まで練習に付き合ってくれていたんですか?
はい。そうやって新卒で育ててもらったおかげで、お客様の申し込みを頂けるようになって、入社した年の10月にはチーフに昇格してマネジメントを勉強させてもらい始めました。
てことは新卒で入社してたった半年でマネージャーですか!?早すぎません?
上司のおかげですね。そこから1年半くらい3拠点でマネージャーを経験して計3年ほどメイションにいました。そこから1年間人材コンサルの会社に転職していたのですが、今年の7月から戻ってきました。
一度メイションを退社されていたんですか?戻ってきたきっかけは何だったんですか?
実は、僕のビジネスマンとしての軸にあるのが、起業して、スポーツで人材育成、人格修養できるサービスを創りたいという想いが大学時代からありまして。
そうだったんですね!
はい。それで一時は「コンサル」というものがやってみたくて人材コンサルの会社に転職しました。ただ、実際にコンサルの仕事をやってみて思ったことは『あくまでもコンサル』なんですよね。
『あくまでもコンサル』・・・。深いですね。
意識的にもリスク的な意味でも、自分で起業したり経営したりとは全く違う。
でも、コンサルを経験して得たものもたくさんあったんじゃないですか?
もちろんありました。いろんな社長のそばで働くというのはすごく刺激的でいろんな業界の幅広い知識がついたと思っています。だけど実際僕がここで身につけたものって自分で調べたり勉強したりしたわけで、特別なものではなく誰でも勉強できるものなんですよね。

きっかけは昔の上司の一言。
『新しい事業の立ち上げを一緒にやらないか。』

結局どこの会社でも自分がやろうと思うか思わないかだけで、学べる事ってそんなに変わらないんじゃないかなと思い始めていた…そんなタイミングで昔の上司だった方から『新しい事業を立ち上げようと思ってる。一緒にやらないか。』ということで声をかけてもらいました。
タイミングが良かったんですね!
新しい事業の立ち上げに1から携われるなんて中々ない機会ですし、計4年半の短い社会人経験しかない僕を評価していただいているのは有難いことだなと思って、戻ってきました。
久野さんが戻ってきた裏側にはそんなに熱い絆があったんですね。
そうなんです(笑)


人材コンサルで様々な会社を見てきた久野さんから見てメイションの魅力は何だと思いますか?
人が良いところだと思っています。びっくりするくらい愛情がある。戻ってきて改めて、こんなにいい意味でお節介な会社は他にはないなと思いますね。
色んな会社を見てきた久野さんが言うと納得感が違います。
面倒見がいいし、本当に仲が良い。辞めた後もメイションの人とは仕事以外で付き合いがあったんですよね。
辞めてからもですか!?
はい。大尊敬する上司とはかなりの頻度で飲みに行っているし、マネージャー時代の部下も定期的に『久野さんご飯行きましょうよ!』と連絡してきてくれるんです。
そうなんですね。
あとはたまにフットサルするメンバーも半分くらいが辞めた人(笑)
えー!そうなんですか(笑)
仕事を一緒にしなくても、一緒にいられる絆が出来ている。
それって素敵ですね。
綺麗ごとではなく、本気で「熱い素敵な人」の集まりなんだと思います。転職しても何も変わらず普通に飲みに行くし、皆が気にかけてくれるし、元上司からは頻繁に電話かかってくるし(笑)
会社なんて関係なく真の意味で仲が良いんですね。
そうですね。有難いですよ、辞めてからも気にかけてくれたり、プライベートでもずっと一緒に遊べる会社ってなかなかないですからね。
僕もフットサル誘ってください!
もちろん。いこいこ!

今の目標は『イベモン』を世の中から愛されて、誰からも必要とされるサービスにすること。

では、久野さんの目標を教えてください。
『イベモン』20億、これです。事業計画的には2019年までに!
かなりの垂直成長ですね。楽しみです。
イベモンという事業をメイションの柱となる事業にしたいんです。
柱となる事業、ですか?
はい。今、『2次会くん』が約15年、『スマ婚』が約10年くらいですが、この期間ずっと世の中の人から使われ続けるサービスって、単純にものすごいなと思うんですよね。
確かに、長い年月愛されるサービスを創るって簡単じゃないですよね。
イベモンも今後『イベント行事やろ』って誰かが思ったときに、頭に浮かぶような、世の中から愛されて必要とされるサービスとして、それをうちの会社の柱として創っていけたらなというのが今の目標ですね。
貴重なお話、ありがとうございました。
Welcome to Mation!! 採用情報 / エントリーフォーム