社員インタビュー

Profile

IT事業部 ECチーム マネージャー

志村 篤史

デザイン専門学校を経てサーフ系アパレル会社へ入社。
国内・海外ブランドのアパレルデザイン、イベント運用等を手掛ける。
その後、雑貨メーカーに転職し企画・開発・生産・営業など複数事業を担当。
2015年5月にメイションへ中途入社し、現在はIT事業部マネージャーとして、婚姻届製作所・出生届製作所の運営に携わる。

キャラクター界の敏腕営業マンから異業種への転身。
新しいサービスを自分の手で世の中へ広めること。

現在取り組んでいる業務は何ですか?
IT事業部で、デザインされた婚姻届・出生届の販売をする、『婚姻届製作所』『出生届製作所』というECサイトの運営をしています。また、プロポーズの方法や婚姻届の書き方などを載せたオウンドメディア「Todoke」を運営しています。
立場としてはどういったことをしていますか?
マネージャーという立場なので、数字に責任を持ち、メンバーを監督する立場にあります。個人的な業務としては、こう見えてバリバリの営業マンで、大手百貨店や雑貨専門店への営業、キャラクターのライセンス契約営業、OEMという形で企業さんの販促ツールとして婚姻届・出生届を制作してもらうための営業をしています。
マネージャーでありながら営業マンなんですね!(見えないな…)

では、これまでのキャリアを教えてください。
もともと絵を描くことが好きで、デザインの専門学校を卒業後、サーフアパレルで洋服のデザインをしていました。また、キャラクターやおもちゃ・雑貨も好きなので、その後キャラクターを扱った雑貨メーカーへ転職し、9年ほど勤めました。そこではキャラクターを扱うクライアントとの協業や、もの作り・デザイン・営業・生産現場監督・広報などを一通りやらせてもらい、それからメイションへ転職してきた形となります。
デザイン会社とメーカーに勤めてから、メイションへ入社したんですね!

デザインが好き。キャラクターを扱ったもの作りが好き。
メイションなら、自分の力をすべて注げると感じた。

メイションへ入社したのはどうしてですか?
きっかけはWantedlyを見たことから始まります。ちょうど、婚姻届サービスがローンチされて3ヶ月のタイミングで、キャラクターを使ったコラボレーションをしようとしているので、そんな知識や経験を持った人を求めています!と書いてあって、まさに自分だと思いました。ブライダルにはそれまで全然興味は無かったのですが、斬新で新しい事業をつくろうと思っている、キャラクターを扱うという2つから、入社を決めました。
前職の経験が今の仕事に活かされていることはありますか?
業界は違いますが、ほぼすべての経験が今に活かされていると思います。
意外ですね!どんなことが活かされているんですか?
特に、キャラクターを使った婚姻届という部分では前職の人脈を使って多く営業しました。あと、メーカーへ勤めていたので、元来サービス業であるメイションに新しい知見をもたらすことが出来たのではないかと思っています。
確かにメイションは接客サービスが多いのでモノを売るということは不慣れだったかもしれないですね。
とは言え、前の会社は平均年齢が高めだったので、メイションの社員さんが若いことには驚きました。みんな企業理念が行き届いていて、年下なのにしっかりしています。
では、仕事をしていて気を付けていることはありますか?
マネージャーとして、チームのメンバーに情報共有を怠らないことは気を付けるようにしています。会社への不満が溜まりやすい部分でもあるので。僕が知っている知識や会社の状況はすぐみんなに展開して共有するし、もっと言うと、かっこつけずにできないことはできないと伝えるようにしています。
大事なことですね。

「スマ婚」がウェディング業界に新しい文化を創ったように、
今度は自分がウェディング業界に新しい価値を提供していきたい。

入社してからいちばん大変だったことは何ですか?
デザイン婚姻届の立ち上げ後のスケールは、楽しい反面難しさを強く感じていました。前例のない先駆者という立場だったので、成功する確率は高いかもしれないけれど、指標とするものが無く、自分たちの向かっている方向が正しいのかという不安は常にありました。
前例がないとは良いところばかりではない、ということですね。
逆に、サービスをローンチしてすぐにメディアから注目され、テレビ番組で紹介されたり、長友選手と平愛梨さんなど著名人に利用してもらったりしたときは、勝手に商品名がアモーレとなっていたことも含め、とても嬉しかったです。
今後の目標はありますか?
ウェディングアイテムを作っていきたいですね。スマ婚というサービスがウェディング業界へ風穴を開けたものの、差別化が難しく色んな会社がひしめいている今の状況を考えると、オリジナルアイテム・商品を作ることで自社サービスに価格以外の部分で価値を生み出したいです。
ウェディングアイテムで新しい価値…カッコ良いですね!
この部分は特に僕が率先して引っ張っていきたいと思っています。メイションは、社長を始め、新しいことにどんどんチャレンジしていってよ、逆になんでやりたいと思っているのに黙っているの?もじもじしてるの?という文化があります。やらない後悔よりやる後悔を選べと後押ししてくれるところは好きですし、すごく良いところだと思っています。
貴重なお話、ありがとうございました。
Welcome to Mation!! 採用情報 / エントリーフォーム