社員インタビュー

Profile

法人営業部 兼 法人イベントグループ 部長 兼 グループ長

新地 将史

神奈川大学 工学部卒業
システムエンジニアから当時2次会幹事代行サービスを展開していたメイションへ転職。
2次会プランナー、ブライダルプランナー、スマ婚事業部のマネージャーを経験した後、「スマ婚」の立ち上げメンバーに抜擢される。
全国転勤を繰り返しながら「スマ婚」のサービス拡大に貢献し、2017年現在、法人営業部と新規事業「イベモン」を兼務で行っている。

SEからの転職。
気づけば新規事業の立ち上げばかりやっていました。

現在取り組んでいる業務内容を教えてください。
法人営業部と法人イベントグループを兼務しています。
2つの部署を兼務されているんですね。
はい。法人営業部ではスマ婚と2次会くんの集客の一端を、法人イベントグループは先日『イベモン』というサービスをリリースし、幹事様をターゲットに、イベントやパーティの幹事業務をお助けするというサービスになります。
幹事業務のお助け、、、ですか?
まだまだ生まれたてのサービスですが、将来的にはいろんな幹事様を助けるポータルサイトを作ろうと考案中です。
具体的にはどんなサービスなんですか?
幹事様にインタビューを重ねると会場や景品手配がストレスになっていると多くの方がおっしゃるので、そこを解決することを追求していこうと思っています。
確かに!30人のクラスの同窓会ですら幹事はめんどくさいですもんね(笑)
そうですよね。そのめんどくさいを解決したいんです!

全く違う業界からの転職。
昇格も挫折もすべて経験。

新地さんはメイションに来るまではどんな仕事をされていたんですか?
元々システムエンジニアをしていたんです。
エンジニアだったんですか!?
そうなんです。そこからメイションに転職して、最初は2次会くんの新規接客を担当して、その後、チーフ、マネージャーと昇格しました。
全く違う業界から転職されて、マネージャーまで・・

大変だったことはありますか?
その時は肩書だけで、マネージャー業務を行っていく中でうまくチームを引っ張ることが出来ず、挫折を経験しました。
そうだったんですね・・・
そんな時、近藤社長から東海がすごくお客様が増えているということで、名古屋の地で、1からプランナーとして出直す機会を頂きました。
マネージャーからプランナーに?
はい。環境を変えて新たな自分をリスタートできた感覚があって、そこで自分の中でパラダイムシフトして、結果も出て、ようやく自信をもってマネージャーと言える立場になりました。
リフレッシュできたんですね。
その後はスマ婚の立ち上げのタイミングで関西に移り、自分の適性を考え、マネージャーとしてではなく現場の最前線でスマ婚に携わりました。
新規事業の最前線はいかがでしたか?
勉強になることばかりでした。誰もスマ婚を知らない中で、お客様が不審がっているところにいかに魅力を伝えていくかというところも、体感できたのはすごく貴重な経験でした。
それはとても貴重な経験ですね。
そこから、色々な立場で関東・東海・関西を転々としながら、常にインパクトあるところに自分の身を置いてきました。
インパクト。具体的にはどういった意味ですか?
自分を一人のプレイヤーとして見ながらも、いかに最前線で成長できるかを考え、経営に携わっている自覚を持ちながらやっています。そういう経緯があったので、新規事業の『ウェルカムタップボード』にも携わって、事業を黒字化させるところまで経験しました。
新規事業の黒字化って大変そう。そこから法人営業部に移られたんですか?
法人営業部に移ったのも、近藤社長にB to B での集客の可能性と自分の持っているビジョンを話して、本社に法人営業部を設立し、移動した経緯があるんです
直談判して部署を設立しちゃったんですか!?
そうなんです(笑)誰かにやれよと言われたのではなく、自分からお願いしたんです。
知らなかったです。法人イベントグループも新地さんが設立されたんでしたよね。
はい。法人イベントも外で取引先を回ると『やらないの?』という多くの声がある中、『誰がやるの』『いつやるの』という状態だったので『僕がやります!』ということで手を挙げました。
常に現場の生の声を拾っていた新地さんだからこそ成功させる自信があったのですね。
  

インターネット上で解決できない、『泥臭い仕事』。
これまで培ってきた力で、必ず法人イベントのサービスを日本一にする。

それでは今後の目標を教えてください。
2つあります。1つは法人イベントの事業をサービス化しましたので、必ず日本一のイベント屋にする。この思いが日々頭の中で大きくなっています。
日本一のイベント屋、大きい目標ですね。
とにかくヒアリングすると幹事様の苦労って本当に大きいんです。それを救うという意味では絶対うちの会社がやるべきですし、これはインターネットの会社でチョチョイとうまくできるものでもなく、もっと泥臭いものでもあるので、長年幹事業をやってきたからこそ特化していきたいと思います。
確かに、この事業は簡単にネット上ではできないですよね。
もう1つはもっと自分が積極的に経営に携わっていくべきだと思っています。
経営ですか。
もちろん、今のポジションで責任を持ってやっていますが、やはり他の部署のことは他人事のような形で携わりづらい部分ではあるので、それをもう少し経営者として自覚してやっていかなければいけない。それが目指すところだと思っています。
貴重なお話、ありがとうございました。
Welcome to Mation!! 採用情報 / エントリーフォーム